調布・深大寺・つつじが丘の塾【塾長・講師が直接マンツーマン指導】セルモ神代上ノ原教室
個別学習のセルモ神代上ノ原教室
TEL:042-444-0015 ※受付時間 13:00〜21:30
ニュース情報(成績UP・合格速報)

調布・深大寺・つつじが丘の塾 セルモ神代上ノ原教室からお知らせ
成績UP・合格速報など、当塾の指導内容を随時配信中!

 | エピソード

エピソード 当塾で実際にあった本当~の話

エピソード1:わずか入塾3か月で次々と点数 大幅アップを 実現させた部活バリバリ中2生

調布市立神代中学2年テニス部のN.Gさん(女子生徒)は、当塾開校直後の昨年6月に入塾したときは、成績が全教科学年平均を下回る勉強が超がつくほどの苦手生徒でした。無料体験授業面談でお母さまに連れられてきたときは、「毎日、テニス部の部活ばかりやっていて家ではテスト3日前くらいからしか勉強らしい勉強はしなかった」という、お母様のお話でした。
それが、当塾に通塾し始めると、しだいに、テニス部の練習や大会試合で鍛えた精神力と、地味ながら黙々とトレー二ングメニュー(当塾が指示する学習記録シートをこう呼んでいます)をこなす純朴な生徒N.Gさん、夏期講習後9月の休み明けの大型定期テスト(中間テスト)で、いきなり英語、数学で楽々平均点越え80点近くをたたき出し、国語、理科、社会もこれまでの自分の最高得点をとったのです。

この事実にご両親はびっくり仰天!

「あんなに勉強嫌いだった子がこんないい点をとるなんて」と保護者面談のときに話していただきました。その後、その勢いは11月の期末テストでも衰えず、2学期通知表では、主要科目英数国すべてが評価1ランクアップ。ここまでくると、学校中でも話題になり、担任の先生も「部活をあれだけがんばって、一人でこんなにも成績が上がるなんて、Nさんは本当に頑張り屋さん」と褒めてもらえたり、お母様ネットワークでも、「Nちゃん、塾に通い始めて急に成績があがったんだって」と話題になったそうです。いま、Nさんは中3生になりましたが、セルモ生の学習スタイルが板についたというか、勉強の生活パターンが完全に定着しており、来年の都立高入試志望校合格が楽しみな塾生の一人です。

エピソード2:「なんで日本人が英語を勉強しなきゃいけないんだ!」と親と衝突ばかりしていた中3生がいま英語の猛特訓中

こちらも調布市神代中学3年になった勉強大嫌い(だった)生徒のT.Iくん。都立高校入試の合格発表が行われた2017年3月2日、当塾の電話が鳴りました。いままで全く家でも勉強をしない自分の子どもの尻をひっぱたいてでも、塾に入れたいと悩みを話されたお母さま。
早速、翌日の夜、いやがるお子さんと一緒に、無料体験授業に来られました。カウンセリングで学力の状況をお聞きして、ほぼ全科目成績低迷という状況がわかりました。とくに英語が深刻でした。

勉強の話になると、親子で衝突・・・の日々

よく聞くと、お子さん本人は、自分で理解して納得しないことは小さなころからどんなことも拒絶する性格のようで、英語についても「日本人の自分がなんで英語を勉強しないといけないんだ!」といって、勉強の話になると、親と家でしょっちゅう衝突しているとのことでした。

セルモ無料体験授業で、本人の気持ちに大変化が・・セルモで「英語」やる!

その彼が、無料体験授業でセルモのPC学習システムを起動させたとたん、何かにとりつかれたように、英語、数学、国語のセルモの問題演習にあっという間にはまってしまいました。最後に感想を聞いて、親もびっくり。「この塾で勉強したい」のお子さんの一言。これで入塾が決まりました。

嫌いだった英語で、猛特訓中!!

入塾後は、塾長の私から、英語の学習法について縷々話をし、いまでは、当塾推奨の英語参考書を追加購入までしてもらい、猛特訓中の日々を当塾にて週3回過ごしています。あとで、本人にセルモのどこがよかった?と聞くと、もともと好きだったというPCを使った個別授業が自分に合っているとのこと。このモチベーションを維持して、まずは超苦手科目英語を克服して、セルモの得意技の先取り学習を進めて、今から6か月以内に得意科目(あるいは得意意識をもてる科目)にしようと、頑張っている新中3受験生のT.Iくん、来年の都立高志望校合格に向けて、いまエンジン全開です。

エピソード3:入塾後わずか1か月後の定期テストで20点アップした中2男子、お母様は大喜び!新年早々、お兄さんの口コミで小6の妹さんも入塾!

「お兄ちゃんがいい塾だっていうから、私も入ったの」

2016年晩秋11月末、冬期講習の提案を兼ねての個別の学習相談会=塾生・保護者様との三者面談でのエピソード。

超高速回転で成績アップの部活バリバリ中2男子

2学期定期テストの結果報告を、お子さんの調布市立神代中学2年(バドミントン部の副主将)R.Tくんから聞きながら、隣で聞いていたお母さまから「先生、この塾に入ってからまだ1か月しかたっていないのに、先生のご指導のおかげで、この子、苦手な科目だけでなく、5教科ほとんどの科目でいい点がとれました。本当にびっくりしています。ありがとうございました」とおっしゃっていただいたのです。本人も気分がいいようで、その日の三者面談は、周囲で授業を受けている塾生が若干いたのですが、そのいい雰囲気での面談の様子がその塾生たちにいい刺激になったようでした。

下の子も先生の塾でお世話になりたい・・・お兄様の口コミ紹介

そして年明けの2017年1月5日、新年早々から当塾の電話が鳴り、取ってみると、あのR.Tくんのお母様からでした。「下の子も先生の塾でお世話になりたいのですが、まだ、空いてますか?」翌日、無料体験授業に来てくれた生徒は、調布市立深大寺小学校6年生のR.Tくんの妹さん、Mさんでした。まさに、驚きの超高速で成績がアップしたお兄様の口コミ紹介でした。

「この塾でやりた~い」と言って、兄妹割で入塾即決。時間延長リクエストも

無料体験授業に予想どおりはまってしまい、「この塾でやりた~い」と言ってくれたMさんの感想をお母さまが聞いて、早速、「兄弟割」適用で授業料が兄弟割引、しかも冬期講習からの入塾ゆえ入塾金も割引、でもって入塾手続きが完了。あっという間でした。翌週から、本人曰く、苦手科目の「社会」から始めて週1回90分のコースをとってもらいました。
それから2週間後、「塾での勉強が楽しいと言っているので、120分に延長したい」とお母さまから連絡があり、春期講習では、新中1生準備講座の「中1英語」も先取り学習として授業に加えることに。今では、新中1生ながら120分週1回コースで楽しくセルモ通塾。妹さんにとっては中学生になってはじめて経験する大型テスト6月定期テスト、その結果が楽しみです。

エピソード4:定期テスト1週間前に駆け込むように入塾したバレー部中2女子。「この塾いい!」と苦手な数学と社会だけでなく5教科すべてで前回テストより50点アップ。「やったー!」の満面の笑顔

定期テスト対策講習でびっくり成果を出したスポーツ推薦校狙いの中3女子

「私、先輩のように、バレーでスポーツ推薦を狙っているんです。推薦て、内申点もある程度よくないといけない、勉強もできないといけないと聞いて、いままで英語は好きでECCに行ってるけど、数学と社会は全然勉強してこなかったから、これから頑張ります!」と言って、2017年5月末、無料体験授業を受けました。「これって楽しそう!とくに社会は好きになりそう」と明るく話すバレー部自称エースアタッカーの中3女子。「早速、明日から塾で定期テストの準備を先生と一緒にやろうか?」の塾長の私の言葉に首をたてに大きく振って、「がんばります。よろしくお願いします」といって、入塾決まり。

定期テスト対策講習制度をちゃっかり利用、エンジン全開7日間短期集中特訓

テストまで1週間もない中で、その入塾生には、この春から当塾で導入した新制度を活用して、通常授業以外にも、定期テスト対策授業を受講、通常授業時間以外は特別価格という超お得な学習環境で、セルモPC授業と私のマンツーマン指導を受けてもらいました。部活も休止中なので、平日は学校が終わってすぐセルモに直行。夜は最後の塾生になる午後10時前まで、集中して勉強してもらいました。土曜日も午後1時には一番のりで来塾し、その日も夜遅くまで頑張っていました。さすが部活中学生、その体力、タフさには、驚かされました。
苦手な数学と社会で、すっごくいい点がとれちゃった!!
その効果もあってか、テスト結果の報告に来たときは、「先生! 数学と社会、あんだけ嫌いで苦手だったのに、セルモのシステム教材と先生に教えてもらった予想問題のヤマがあたったみたいで、すっごくいい点がとれました! ほかの教科も調子よくて、5教科で、生まれて初めてなんですけど、50点もアップしちゃいました!」とかわいいガッツポーズと笑顔を見せてくれました。思わず、塾長の私も、「やった!」とリアクションしてしまいました。

都立推薦と一般入試、どちらも頑張ると意気込む中3生、都立受験対策夏の陣「夏期講習」でさらにパワーアップ!

その中3女子は、強豪たちが集まるバレーボール部の強い都立H高校にスポーツ推薦が第一志望。「もし、そこがだめでも、ほかにバレー部がある都立には絶対行きたい」と、この夏の受験対策夏期講習も、コマを増やして理科もやりたい、と意欲満々です。
まさに、今回の「エピソード当塾で本当~にあったケース」は、お子様の勉強意欲をかきたてる学習環境、セルモの学習システムと塾長先生が、その生徒にはぴったりはまり、苦手科目を超高速回転で、一気に高得点をとったハッピー事例と言っていいのでしょう。

エピソード5:中1既塾生のママ友の口コミで、中1生と小2生の姉弟が仲良く2人ダブル入塾。友達割と姉弟割のダブル特典に、車で送り迎えの働くお母さんはご満足。

「ママ友の紹介でセルモに決めました」

と友達割、姉弟割、送迎車OKの当塾に、ご満足のお母様
定期テスト対策入塾キャンペーン期間中に入塾し、6月の1学期期末テスト対策授業を受講中の中1男子の塾生のお母様からのメール着信。「先生、いつもうちの子がお世話になっております。ところで、まだ、塾の席は空いてますか? この子が幼馴染のときから家族ぐるみで仲良くしていた同級生の女子生徒なんですが、ママ友でもあるその子のお母様が、セルモの体験を受けたいと言っているんですが」との内容。

幼馴染の友達のママ友の間で、セルモを紹介

内部生の塾生の友達なら、「友達紹介」で入塾するケースが通常。入塾を決める保護者様同士がママ友という今回のエピソードです。数日してから、そのママ友のお母様から電話があり、「中1生と弟の小2生なんですが、無料体験お願いできますか?」とのこと。
早速、体験相談に来られたのが、平日の夜19時過ぎ。小さなお子様には、遅い時間だと眠くなってしまうのでは?と心配したが、事情を聞くとお母様自身が会社の経営メンバー役員をされていて超多忙な働くママとのこと。
「いままで2人の子供を、自分が仕事から帰宅するまで自宅で勉強させていたが、お姉ちゃんが中学生になった機会に、まずは、お姉ちゃんに塾で勉強してもらい、一緒に弟も勉強を見てもらえたら、そういう塾を探していました。夜遅くなっても車で送り迎えもできそうなので、2人いっぺんに面倒みてもらえると助かります。ママ友のお母様に相談したら、自分の子を通わせ始めたセルモという塾を紹介してもらって。でも、お姉ちゃんだけ塾に行って、弟を自宅で一人で留守番させるわけにかないので、2人一緒に勉強をみてもらいたいのですが、費用があまりかかり過ぎるのものどうかといま、悩んでいます」と話されました。
当塾としてぜひお力になれればと、無料体験のその場で、「夏期講習キャンペーンの特典以外に、「友達割」と「姉妹割」のダブル特典がつきますよ」とご案内したところ、大変喜ばれ、即、入塾が決定。
仕事から帰宅して車で2人のお子様を送迎するスーパーママのお陰で、この夏期講習期間中から、90分授業週2回コースの中1お姉ちゃんと、90分週1回コースのかわいい弟の小2生は、いま、元気に、楽しく通塾しています。

教育熱心で、仕事と育児、家事を両立し、頑張るスーパーママに乾杯!!

エピソード6:都立高模擬試験VもぎE判定からの大逆転劇!絶対行きたい都立志望校合格を勝ち取った中3女子

部活との両立に成功した新中3生とほぼ同じ時期に、当塾に入塾したセルモ神代上ノ原教室1期生の、今度は、当塾開校1年目にして結果が出せた実例を紹介しましょう。
都立志望校合格を決めた調布市立第七中学3年だったM.Mさん(女子生徒)ご本人の「合格体験記」から・・

~受験を終えて~

「三年生のはじめ、最初は、「受験」ということなんてあまり考えていなかった。でも、期末テストで悪い点をとった特に、『やばい!』と感じた。それからして、私はセルモという塾に入った。最初は、全ての教科が大嫌いで、演習問題とかを解こうとしても、全然できなかった。勉強が嫌いな私にとっては、苦痛の毎日だった。

そんな中、初めてのVもぎを受けてみた。結果は最悪の結果だった。その時、もっと頑張らないと思いはじめた。それから夏休みに入った。毎日が塾ばっかで、正直行きたくなかった時もあったし、上手く問題が解けない自分にイライラしていた。でも、そんなときに、お母さんが近くで支えてくれた。
しばらくすると、効果が出始めてきた。テスト形式のものが前は40点とか、20点とかばかりだったものが、70点や80点などと上がり、数学や英語、国語も楽しくなってきた。今思うと、こんな自分にびっくりしている。
勝負時となる冬休みがやってきた。冬期講習では毎日塾に行き、問題を解きまくった。以前は、勉強なんかやりたくない気持ちだったが、受験日が近づくにつれ、焦りやもっと勉強しないと、という気持ちになっていった。そして入試当日。いままでのことを思い出して、全力でテストに挑んだ。自分ではテストが終わった後、なぞの安心感があった。普通はみんな、不安な気持ちでいっぱいなのに、私の場合は、不安な気持なんか一切なかった。
そして、結果発表。合格だった。自分の番号が見えた瞬間、「うれしい」という気持ちが一気に出てきて、涙があふれ出た。あの瞬間は、きっと忘れることはないと思う。こうして私の受験は終わった。塾の先生、母親、学校の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。今までありがとうございました。」

合格の鍵は、「成功のイメージをもち続け、最後まで諦めない熱い思いと、過去問・予想問題の解きまくり学習直接指導


この合格体験記は、2016年6月当塾開校後の記念すべき都立高志望校合格第1号となりました。正直、開校1年目で幸先の良い結果を出してくれたM.Mさんとの約9か月間は、今にして思えば、成績不振で5教科すべてが課題山積。それゆえ、さかのぼり学習の補習につぐ補習の日々でした。
そんな中、合否判定に最も影響する1月のVもぎの志望校判定がE判定と出たときは、一時、心底焦ったことは事実です。出願期限が近づくと、学校の先生も、実は塾長である私自身も、少し弱気になりかけて、志望校の変更、出願先の見直しも保護者様に伝えました。

「志望校は、絶対に変えたくない!」~本人の熱い思いに応えて

すると、保護者様から「本人は、絶対に志望校を変えたくない、行きたい」と言って聞き入れてくれないとお話されていました。こうして、本人の熱意に応えるべく、受験直前の1月と2月は、ほぼ毎日、当塾に通塾してもらい、とくに本人曰く、大がつくほどの苦手科目、英語と数学に関しては、猛特訓スペシャルメニューで進めていきました。
そのスペシャルメニューとは、ずばり「過去問対策」および「予想問題対策」。本番の試験に慣れてもらうこともねらいの一つですが、真の目的は、過去問や予想問題を解いた答案から端的に本人の弱点箇所をピンポイントであぶりだし、それを的確に把握するというものです。

「備えあれば、憂いなし」

今回その効果がはっきりとあらわれたのが今回のM.Mさんの合格でした。通常時は、苦手な単元別学習をコツコツとやっていきますが、受験直前は、やはり「過去問」とくに数学の場合、都立高入試問題全5問のうち基礎学力が試され、100点満点中61点配点の「大問123」のみに絞って、解き直しを進める、そんな受験対策が結果的に「吉」と出たわけです。あえて、他の大問45は捨てさせてでも、「大問123」だけは何回も何回も丁寧に解かせ、私が〇つけするたびに、ミスした点や理解不十分な弱点単元問題の解法指導を徹底的に行いました。

「受験の極意」と「なぞの安心感」

合格体験記を書いてくれたM.Mさんは、この猛特訓を最後まで諦めずに受け続け、全40回もの入試そっくり問題解答をやりきりました。受験直前対策スペシャルメニューの「過去問」「予想問題」対策と、成功のイメージを常に自分の心の中で意識してモチベーションを維持して「絶対入りたい」という受験生本人の強烈な熱意、この2つのパワーが、厳しいVもぎ志望校判定からの「大逆転劇」を生んだのです。それこそが受験の「極意」とでも言えるのではないでしょうか。合格体験記で本人がいう「なぞの安心感」とは、このことを言っているのだと思います。